やっぱり国産品質?国内で流通しているにんにくの有名品種まとめ

やっぱり国産品質?国内で流通しているにんにくの有名品種まとめ

にんにくサプリを選ぶ際どうしても外せない「福地ホワイト六片」とは?

site_single_05

無数にあるニンニクサプリの中から何を選んだらよいか分からないと誰もが感じるものですね。では、何を基準に選べば良いのでしょうか?それは、こだわりの素材が使われているかという基準です。

にんにくサプリの内容を見て行くと、その多くが外国産のにんにくを使っていることに気付きます。でもせっかく購入して、健康のために続けようと考えているなら、安心できる国内産のものにしたいところです。

そして国内産の中にも、こだわりの素材を使用しているメーカーを見出すことになります。その中には、なんと国産素材最高峰との呼び名も高い、青森県産の「福地ホワイト六片」のにんにくが使用されているサプリを見つけることが出来ることでしょう。

では、「福地ホワイト六片」とは、どのようなものなのでしょうか。

「福地ホワイト六片」は、その名の通り、その美が雪のように白いのが大きな特徴です。加えて名前の通り、六片に分かれていて、粒が大きく、肉厚で、ずっしりとした重たく、驚きを隠せないほどのみずみずしさすら感じさせる最高級のにんにくです。

実際、このにんにくを開いてみると、本当にジューシーなにんにくエキスが溢れ出てくるのです。素材自体も、糖質を非常に多く含んでいることから、濃厚な甘味を感じさせ、にんにく独特の強い香も感じさせ、栄養価が非常に高く、何よりも安心できる素材という意味でも、外国産との違いは一目瞭然と言えます。

それで、違いに敏感な一流料理人の方々が、こぞって「福地ホワイト六片」を購入なさるのも、どことなく頷けるものです。

国産最高峰「福地ホワイト六片」はどのように生産されているのか

site_single_06

そもそも、にんにく作りは青森が最適な環境の一つと呼ばれ、国産のシェア80%を占めているということをご存知でしょうか?

その中でも「福地ホワイト六片」は40年程前に青森県で本格的に栽培されることになり、現在では県全域で生産されています。今でこそ、福島県産のものも出て来ていますが、元々は青森県で作られていたことがわかります。

では国産最高峰ブランドとも言える「福地ホワイト六片」はどのように生産されているのでしょうか?

「福地ホワイト六片」は、こだわりの土づくりが大きなポイントです。なんと土づくりに3~5年を費やしているのです。

有名な生産地の一つ、青森県の田子町には、黒墨という独自の地質があり、この土壌に牛糞やわらや米ぬかといった、肥沃な堆肥を加えて手間暇かけて畑作りを行なっています。加えて、植え付け前にも一度緑肥を植え、さらに栄養を補給するなどの工夫もなされており、徹底した土作りが伺えます。

青森の冬はとても厳しく長く、畑には雪がどっしりと覆いかぶさります。でも雪は、その寒さの厳しさからにんにくを保護する役割を果たしてくれているのです。まるで、天然ビニールハウスのような最適な環境の中で、しっかりと栄養素を貯め込んだにんにくは、春の到来とともに、驚きの成長を遂げます。肉厚で、瑞々しく、ずっしりと重たく、大きな「福地ホワイト六片」はこうして成熟して行くのです。

しかも手間暇かけられるのは、土作りのみではありません。収穫後の作業もとても大変なのです。「福地ホワイト六片」は収穫されてから、ボイラーや大型扇風機などを使って、高温で風を当て、これを何と約1ヶ月行なうのです。こうすることによって、収穫したにんにくをさらに引き締める効果を果たします。このようにしてやっと、出荷の段階を迎えることになるのです。

いかがですか?

国内産のにんにくのこだわり、外国産とどれほど異なっているか、いかに安心できる素材か理解出来たのではないでしょうか。せっかくにんにくサプリを飲んで行くなら、この「福地ホワイト六片」のような栄養価抜群で、こだわりがずっしり詰め込まれた国産素材を選ぶと良いでしょう。