S-アリルシステイン効果効能が今、注目されている理由

S-アリルシステイン効果効能が今、注目されている理由

S-アリルシステインという物質が、今、注目されています。
これは、にんにくのもつ有効成分の一つで、S-アリルシステインの作り方は、カットしたにんにくをアルコール水溶液に長時間浸し、熟成させて抽出することで作り出します。

この、S-アリルシステインの効果が凄いと、今、世界中が注目しています。
今回は、S-アリルシステインの効果、効能をご紹介します。

S-アリルシステインには、血液の中で活性酸素と悪玉コレステロールの結合を防ぐ作用があります。そのため、悪玉コレステロールが激減し、血液がサラサラになり、動脈の内壁が保護できることから、動脈硬化を予防できたり、血栓ができるのも予防できます。この抗酸化作用は、アンチエイジングにも効果があると言われています。

また、脳内で情報伝達をする神経細胞の寿命を伸ばすという、他の成分では得られない効果も期待でき、脳の委縮や、老化による学習能力の低下の予防、さらなる記憶力向上が期待できるとも言われています。

加えて、日ごろの生活からくるストレス性の緊張を緩和し、新陳代謝を上げることができるため、体も温まります。疲労回復や冷え症予防にもつながるわけです。

さらに、S-アリルシステインには、これらの効果・効能をより高めてくれる2つの体に嬉しい特徴があります。水溶性の物質であるため、腸から吸収されやすく、血液とともに全身を巡ることができます。そのため、血液、血管に作用したり、血液を媒介として全身で良い効果をもたらします。また、速やかに排出されるため、過剰摂取の心配がないのも特徴の一つです。

このように、S-アリルシステインには、高血圧、ボケ、ガン、動脈硬化、心疾患の予防、アンチエイジング効果、ストレス軽減、疲労回復など様々な症状に有効なのです。こうした薬理効果が高いうえに、にんにくという身近な食べ物から生成されるお手軽さから、世界中で注目され研究が進められている成分なのです。今後も、このS-アリルシステインの研究報告から目が離せません。