えっそうだった!?にんにくが痔に効果があることをご存知ですか?

えっそうだった!?にんにくが痔に効果があることをご存知ですか?

site_single_06

にんにくが痔に効果があることをご存知ですか?
にんにくと言えば、疲労回復や美肌効果があることは知っている人も多いと思いますが、
痔の予防や症状の緩和に効果があることを知っている人は少ないと思います。
具体的には、どのような効果があるのか。また、どのような方法を用いるのかをご説明します。

にんにくの痔に対する効果2つの理由

にんにくの痔に対する効果は主に2つあります。
一つ目は、整腸作用です。
痔になる原因として、便秘や下痢があります。硬い便で肛門を傷つけてしまったり、軟便で炎症を起こしてしまうというような状況があります。にんにくには、腸の働きをよくし、便秘や下痢を抑えてくれる効果がありますから、痔の改善に有効なのです。

二つ目に、血行促進作用があります。にんにくには、血流良くする働きがあるため、痔のうっ血を改善がみられるのです。また、冷えを防止することも痔の改善、症状緩和に効果があります。

にんにくの痔に対する対策3つの方法

にんにくを使って痔への対策する方法を3つ紹介します。

1.にんにくを食材として食べる

上記のような効果をもたらしてくれる成分である「アリシン」を体内に取り入れます。
特に、そのまま食べるより、切ったりつぶしたりする方が、より「アリシン」が増加するのでオススメです。

2.にんにくサプリメントとして摂取する

にんにくの臭いや味が苦手な方には、オススメですし、手軽にとりいれられることが魅力です。
ただし、摂取しすぎると、負担がかかりますので、用法用量を守ることが大切です。

3.にんにく湿布を貼る

にんにく湿布を作り、直接患部に貼る方法です。
にんにくを薄皮を残しつつバラし、アルミホイルに包んでオーブントースター
などで加熱します。柔らかくなったにんにんくの薄皮をむき、ガーゼに包んで患部にあてます。
数時間当てておく必要があることと、臭いがキツイことを考えると、就寝中に行うことがいいのではないかと思います。

また、肌が弱い人はかぶれてしまう可能性があるので、事前にパッチテストを行うこと、また、あくまでも家庭療法のため、症状によっては医療機関で診察、治療を受けてください。

このような、にんにくの痔に対する活用法がありますので、状況に合わせて実践してみてくださいね。